冬 乾燥肌対策

冬の乾燥肌対策

空気が乾燥してお肌ものどもカサカサしがちな季節がやってきます。
肌の老化は冬に起こると言われます。

 

乾燥した肌はターンオーバーなどの機能が低下し、しわなどができやすくなります。

 

乾燥肌の人は特に、そうでない人もしっかり対策してカサカサ冬肌を乗り越えましょう。
冬はお肌が乾燥する原因が家の中にも外にもあふれています。

 

外の冷たい風、室内の過度な暖房、急激な気温差、寒さから来る血行不良などなど、お肌にとって辛い環境が肌を本来守っている潤いのバリアを失わせてしまいます。

 

それによってお肌が赤く荒れてしまったり粉がふいてしまったり吹き出物ができやすくなったりします。
お肌がダメージを受けやすい季節には、よりしっかりと肌の保湿を心がけましょう。

 

普段使っている保湿化粧品でも、乾燥肌用の薬用クリームでも、まずお風呂上りの肌が潤っている間にバリアを作るように塗ってあげましょう。

 

そうすることで潤いをしっかり確保することができます。
また保湿をしっかりしても、お肌に辛い環境からお肌を守ってあげなければ、肌はやっぱり乾燥してしまいがちです。

 

一番の大敵は、外の冷たい風です。実は気温が低いだけならお肌に対するダメージは大したことはないのです。
肌を乾燥させるのは肌に当たる空気の流れ、風なのです。

 

例えば、ちょっと暖かい日に油断して風をあびてしまうと、気温が低い日よりももっとお肌がカサカサしてしまうこともあるのです。
冬の乾燥肌対策のキモは、とにかく風があたらないようにマフラーなどで頬をカバーすること。

 

これだけで以外にも乾燥を防ぐことができます。
しっかり乾燥を予防して、お肌の老化を防ぎましょう。